車両保険の必要性

自動車保険加入時に車両保険は必要か?

車両保険の加入率

マイカーを所有している人は自賠責保険の他にも任意保険と呼ばれる自動車保険に加入しているケースが多いはずです。自賠責保険では事故の際の自分たち側や対物賠償などの補償が付いてこないためです。いろいろな保険がある自動車保険の一つに車両保険があります。この車両保険ですが、加入した方がいいのかどうかという点でよく議論が繰り広げられます。ところで自動車保険の中でも車両保険に加入している人はどのくらいいるでしょうか?以下では2012年3月時点の加入率をベースに紹介します。

車両保険に加入している人は、42.1%となりました。ちなみに自動車保険の中でも主力の保険と言われているのが、対人・対物賠償保険です。いずれも時として数億単位の賠償金の支払いを求められることもあります。そこでもしものために、無制限の保険をつけている人が多いです。対人・対物賠償はいずれも、73.1%という加入率になりました。対人・対物賠償と比較すると、車両保険の加入率の低さが目立ちます。

車両保険の加入率が低いわけ

なぜ車両保険の加入率がこれほどまでに低いのでしょうか?最近ではリスク細分型保険と言って、細かくそれぞれのケースにあった補償内容が組めるような保険が増えています。人によって求める補償内容が多様化していることも背景にあるでしょう。しかし最も大きいのは、車両保険は保険料が高いからということが挙げられます。車種やどのような契約内容化によって変わってきますが、中には車両保険のあるなしで保険料が倍近くも変わってくることがあるといわれています。これだけ高い保険料を月々負担するくらいなら、車両保険を外して保険料を節約した方がいいと思ってしまうのかもしれません。また車両保険を利用する場合、自分の車をどこかにぶつけてしまった時が多いです。他の場合、相手もあって賠償などの手続きの煩雑さ、精神的な負担もかかります。でも自損事故の場合、ある程度自己完結できるため車両保険をわざわざつける必要はないと考えがちです。

車両保険を理解する

ただ単に保険料が高いからという理由だけで車両保険を外す前に、車両保険はそもそもどのような保険なのかを理解しましょう。そのためには、車両保険はその中でもさらに2種類の保険のあることを理解する必要があります。それは一般車両保険と車対車+限定Aと呼ばれる保険です。一般車両保険は、オールリスクの保険と言って、補償範囲が広いです。ただしその分、保険料は高くなります。

一方車対車+限定Aの保険の場合、保険料が安くなる代わりに補償内容を限定しています。基本的には車との事故の場合に限定されます。自損事故を起こして自動車が壊れてしまっても、保険金の支払い対象外になります。当て逃げなど、自動車同士の事故であっても相手が確認できない場合には支払い対象外になります。ただし+限定Aと書かれているように、自動車同士の事故以外にも補償のつくケースがあります。たとえば、小石が飛んできてフロントガラスにひびが入ったとか、自動車盗難に遭ってしまったケースです。このように車両保険でもいくつかの種類がありますので、どれに加入すべきかしっかりと検討しましょう。

自分の身を守れる

車両保険の必要性を唱える人でしばしばみられるのは、自分を守れるからというものがあります。自動車同士の事故の場合、過失割合がどうかで時として揉めるケースがあります。しかし車両保険がついていれば、過失割合がどうなるか決まる前にとっとと修理ができます。相手の交渉は保険会社に任せて、自分の自動車は車両保険で修理して、いち早く原状復帰させて利用できる利便性があります。

車両保険が役立つポイント

相手ともめた場合

自動車保険の中でも保険料が高いため、車両保険は必要ないのではないかという話がしばしばなされます。人によって考え方はいろいろでしょうが、車両保険が重宝するシチュエーションを理解してから、自分の保険につけるべきかどうか考えてみた方がいいです。自損事故の場合、結構スムーズに事は進みます。「仕方がない」と考えるケースが多いからです。しかし相手のいる事故の場合、時として揉めるケースがあります。自動車同士の事故の場合、一方が完全に悪いというケースはまれです。いずれも悪いので、その悪い割合を過失割合で決めます。そして過失割合に応じて自動車の修理代を分割で負担する形になるわけです。

たとえば、自分の過失割合が70%の事故だったとして、マイカーの修理代が50万円だったとします。この場合7割の35万円は自分の過失なので自分で負担しないといけません。残りの3割の15万円は相手の過失なので、相手の対物賠償保険で賄えます。車両保険があれば35万円を賄えますが、なければ自腹で準備しないといけません。しかも過失割合がすんなりと双方納得してくれればいいのですが、時にもつれるケースも出てきます。そうなると、過失割合の決まらない間、自動車の修理はどうなるのかという問題も発生します。

過失割合が決まらない

和解がまとまらないと、過失割合が決まらない、修理代の負担する割合も決まらない状態になります。この間に修理工場に自動車を出すことも可能です。多少修理工場も支払いを待ってくれるかもしれませんが、問題が長引くと支払いを求めてくるでしょう。この場合、いったん修理代を全額負担して、後で支払ってもらう形を取らざるを得ません。もし先ほどの事例で50万円の修理代であれば、かなり痛い出費です。しかし車両保険に加入していれば、50万円を保険で出して先に修理をお願いします。仕事の関係で自動車が必要な人にとっては大変役立つ保険のはずです。

もし過失割合で相手と折り合いがつかないと、時として長期化する可能性も否定できません。実際過去の事例の中には解決するまで数か月、まれではあるものの1年以上かかるケースもあります。これは修理代の大小に関係なく、揉めるときはかなり揉めるものです。このような時に車両保険に加入していれば、スムーズな修理が可能になります。

過失割合などの交通事故の損害賠償の相談は弁護士に依頼すると良いでしょう。

高級車に乗っている

高級車や外車に乗っている人が事故を起こすと、修理代がかなりかさむ可能性があります。しかも高級車や外車の場合、いたずらのターゲットになりやすいですし、自動車泥棒の被害にある確率も高まります。このような万が一の時のために、車両保険は必要だと思った方がいいでしょう。もちろん高級車や外車の場合、修理費用が一般車と比較して高くなる傾向が見られるので保険料も高くなります。負担が厳しいようであれば、免責を高くして保険料を節約するなどの工夫をするといいでしょう。その他にはオートローンをかけてマイカーを購入している人も、車両保険は必要でしょう。修理代の負担も加えると、経済的に困窮するリスクもあるからです。

仕事で車を使う人も

営業マンで仕事中に自動車を使う、自営業者で頻繁に仕事の時にマイカーを運転する人も車両保険には加入しておいた方がいいでしょう。運転に絶対の自信を持っている人でも、仕事の際レギュラーで自動車を運転するとなると、普通よりも運転する時間は長くなります。自動車に乗っている時間が長くなれば、どうしても事故に遭遇するリスクも高くなります。このように仕事の時に車が手放せないという人も、車両保険は必要であると思った方がいいです。このように時として車両保険は役立つケースもありますから、加入は慎重に見極めた方がいいでしょう。

その他の損害保険

火災保険比較はコチラ

その他の自動車関連サービス

etcカードを無料で作る